補修工事

もったいない、まだまだ使える、もっともっと長く使いたい。
そんな願いをこめて、ちょっとした工夫を加えます。

鋼橋の損傷には床版の疲労損傷と鋼桁の疲労と腐食などの経年劣化に伴う損傷が主なものといえます。この内、腐食による損傷はジョイント部の漏水による乾湿の繰り返しに起因するもので、重防食塗装など工夫されていますが、われわれは100年橋梁を目指し、Al-Mg溶射工法を用いた”金属溶射”による防食手法を提案しています。
また、鋼橋の疲労亀裂(特に主桁と対傾構との取合い部)に対しては、補修補強要否の判断を適切に下し、リベット構造を変更しないで補強できる補強工法を提案しています。