コンクリート構造物の超音波測定

超音波透過法は、調査対象部(梁、柱、桁等)に超音波パルスを伝播させ、その伝播時間より伝播速度を算出し、その速度分布図からコンクリート内部の欠陥を探査するものであります。また、超音波表面波法は、伝播経路途中に欠陥等があると、その端部で回折して進行します。したがって、ひび割れを挟んで等距離に発・受振子を設置して超音波を入力すると、受振子にはひび割れ先端で回折して最短距離で超音波は到達することになり、ひび割れ深さを算定することができます。

測定要領図

超音波測定機器
【 実橋脚での測定結果 】
この例は、超音波透過法を用いて橋脚断面の超音波伝播速度を測定し、分布図を作成したものです。超音波伝播速度からコンクリートの品質を推定することが可能であるため、これにより、損傷位置の判定を行うことに用いています。

超音波伝達速度の分布図