赤外線撮影法

絶対零度以上の温度を持つ物体は、その表面から赤外線を出しており、その放出量は物体の温度と密接な関係を持っていることが知られています。そのため、この物体から放出される赤外線の量を捉えることで、その物体の温度を知ることができます。コンクリートの表面近くに空洞が存在したり、建物外壁のタイルやモルタルに剥離が存在すると、健全部とそれらの欠陥部とでは、一日の気温変化に伴う温度の上昇または下降の様子が異なり、特定の時間帯を除いては健全部外表面と欠陥部外表面には温度差が生じます。したがって、壁面を赤外線カメラで観測して得られた温度分布画像から、空洞や剥離の位置および拡がりを知ることができます。
温度変化を捉えるという利点を活かし、中空床版のボイド内滞水の確認手法にも有効です。
現在では、舗装表面からの増厚床版の一体性確認手法としての研究にも取り組んでいます。

赤外線撮影機
【 コンクリートの浮き箇所調査結果 】
この例は、床版を赤外線撮影した結果であり、可視画像に示した損傷が存在したものです。

赤外線調査の撮影事例