打音振動法

打音振動法とは、AEセンサーを用いて横桁・床版横締めのPC鋼材のグラウト充填状況を非破壊的に確認(推定)する方法であります。この手法を用いることで、これまでX線撮影法や削孔調査を用いなければ確認できなかったシース内部のグラウト充填状況を把握することが可能となります。また、PC鋼線・より線・PC鋼棒といった鋼線の種類に制約を受けず、さらに横桁・床版の各横締めケーブルおよび特殊橋梁(ディビダーク橋)に適用でき、横締めケーブルにおけるグラウト充填状況の判定手法として実績を挙げている非破壊調査手法です。

測定容要領図

打音振動法 測定機器
【 実橋に対する測定結果 】
この例は、横桁、床版横締めのグラウト充填度の判定基準に用いているものです。受信側波形を周波数分析することで、グラウト状況別に卓越周波数成分が異なります。なお、グラウト状況はX線撮影の結果を用いて検証しています。

受信側波形の周波数分析結果