追跡点検

日常点検や定期点検で得られた情報を基に、次なるステップである詳細調査、補修・補強検討、そして補修工事へとつなげているわけですが、補修したからといってそれで終わりではありません。接近点検、詳細点検を経時的にそして定点的に追跡するモニタリング調査を行い、設計へのフィードバックに役立てています。
ASR橋脚の追跡調査
コンクリートの「癌」とも言うべきASR(アルカリ骨材反応)によって損傷が発生したコンクリート橋脚の品質変化を、橋脚寸法、ひび割れ幅、超音波伝播速度、水分量の変化状況より確認しています。こうして、損傷の状態や進行性を定期的に評価し、補修・補強対策立案の基礎資料に供しています。 下の写真と経年変化図は、橋脚の梁部に発生したひび割れ状況と橋脚寸法の経年変化図です。

ひび割れ状況

橋脚駿府の経年変化