残地杭の根入長確認

場所打ち杭の出来型形状確認は、SIT(Sonic Integrity Test)調査を用いて行います。SITは、衝撃弾性波の一種で、“均質な物質中を伝播する波はある一定の法則に従って進行する。”という「波動理論」に基づいて開発された手法で、“Seismic Method”あるいは“Shock Wave Method”とも呼ばれています。

SIT測定機器

測定方法
【 健全な場所打ち杭 】
本事例は、建設段階で側方移動の影響により杭が傾斜したために調査したものである。試験は約2.5m突出した杭頭(杭頭処理は行われていない状態)から実施している。測定波形は損傷を示す波形変化はまったく見られず、杭先端からの反射波(▲印)が明瞭に確認できる。したがって、杭には損傷は無く、全体的に傾斜しているものと判断される。また、先端部手前には支持層に根入れされたことによる地盤の影響が現れている(▽印)。

測定結果