杭の損傷調査

SIT調査は、杭頭に与えた衝撃により発生したひずみ応力波およびそれに伴う粒子速度波が、杭体内を伝播する間に、周辺の地盤拘束の違いあるいは杭自身の断面変化の影響を受けて、減衰する反射波を加速度計により測定するものであります。
このため、本手法は、施工時における杭の出来形形状確認のほか、既設杭の杭長確認および地震などにより発生した損傷の確認について、多くの実績を有しています。

SITの測定システム図

SIT測定器(StractureTap
【 損傷のある既製杭での測定結果 】
本事例は基礎杭打設後、掘削段階で地盤の側方移動により打設されたPC杭が傾いたため杭頭から調査を実施しました。対象となる10.0mの杭は2本を継いでいましたが、継ぎ手部の上方9.0m(△印)で損傷が確認されました。波形では、9.0mでの損傷による繰返し波が18mと27mに現れているため、9.0mの位置で破断されているものと判定しました。この波形は杭頭と9.0mの位置で重複反射している様子を示しています。

既製杭(PC杭)での測定事例