道路沿道の環境測定

経済活動も円熟期を迎えた昨今、地域の住環境の向上が大きなテーマのひとつとなっています。
特に、都市内道路の沿道では騒音や振動などの問題が顕在化しており、このような問題を解決するためには「現況把握」と「原因究明」が必要です。当社は、計量証明事業所として正確な「計量」を行うとともに、問題の原因を究明するための橋梁振動測定など各種調査を行っています。
【 環境調査 】
環境調査では道路沿道の騒音・振動・低周波音レベルを測定し、法的な基準値等に対する達成状況を評価します。近年では国際化の流れを背景にISO基準による評価を行うことがあります。
環境測定1
【 橋梁振動調査 】
橋梁の振動を原因とする振動障害が生じ、何らかの対策が必要となる場合、発生源である橋梁の振動挙動を調べることが重要です。このため、橋梁上下部構造の振動や変位を環境測定と同時に行います。
環境測定2
【 路面平坦性調査 】
道路沿道の環境レベルは、路面の平坦性に大きな影響を受けます.このため、環境測定を行う際には路面凹凸の計測を行うことがあります。以前は、車線規制をして、人力で計測器(プロフィルメーター)を操作していましたが、近年ではレーザー変位計を用いた車載型の計測器を西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社と共同開発し、車線規制をすることなしに測定を行っています。
環境測定3