衝撃弾性波を用いた非破壊検査システム(StructureTap)

StructureTapの測定システムでは、弊社で開発した計測アプリ(SIT Logger、CTM Logger)を用いて、杭の非破壊調査コンクリートの厚さ測定をすることができます。
 データ転送は、無線通信(Bluetooth)で行うため、計測モジュールとタブレットをケーブルで接続する必要がありません。

Stap-system
StractureTap

コンパクト

計測モジュールは、名刺サイズ以下の大きさとなっており、バッテリーを接続してもポケットに収納できるコンパクトサイズになっています。
Feature-1

簡単ポインティング

対象面を格子状に設定することで、測定箇所を容易に把握できます。また、測点番号の色を変えることで、異常箇所をすばやく確認できます。
Feature-3

簡単計測

測定したい箇所をタップすることで測定箇所を設定し、3回までの測定結果を表示します。また、測定結果を一括でcsvファイルに出力できます。
Feature-2
 SITは、「均質な物質中を伝搬する波は、ある一定の法則に従って進行する」という「波動理論」の性質を利用し、主に基礎杭を測定対象として、長さや損傷確認を行うことを目的とした計測手法です。
 測定は、杭頭やフーチング上面等のコンクリート表面に加速度センサーを設置し、その近傍を小型ハンマーで衝撃波を入力して測定を行います。そして、杭の底面で跳ね返ってくる反射波を測定し、その所要時間と弾性波の伝わる速度(伝播速度)の関係から長さを求めるというものです。
SIT-1
実績と作業状況
 当社では、様々な現場において、SITを用いた杭調査を実施してきました。

事例1構造物を撤去した後の残置杭頭部からSITを行い、図面に残っていない杭の根入れ深さを確認
事例2パイルベント(杭式橋脚)の杭側面からSITを行い、杭の根入れ深さを確認
事例3地盤の側方流動が発生した橋脚基礎をフーチング上からSITで測定し、杭の健全性を確認
* 写真で使用しているシステムは、旧型のもの(PCベース)になります。
SIT現場状況-1 SIT現場状況-2 SIT現場状況-3 SIT現場状況-4
 コンクリート床版のような薄厚の場合、入力された衝撃波がコンクリート厚さ内において重複反射する特性を利用するCTMにより厚さの測定を行います。CTMは、重複反射波を計測し、その波形の卓越する周波数を求め、コンクリートの伝播速度を与えることでコンクリートの厚さを推定するものです。
 コンクリート内部に面的な広がりを持った空隙が存在する場合、重複反射はその境界部で生じ、空隙部までの厚さ(深さ)が推定できます。
CTM-2CTM-1
実績と作業状況
 当社では、様々な現場において、CTMを用いた測定を実施してきました。

事例1舗装面からCTMを実施し、上面増厚床版と既設床版との境界部における空隙の有無を評価
事例2床版下面からCTMを実施し、床版内部の異常個所を把握するとともに、この結果を基に樹脂注入工を実施し、樹脂注入後の充填状況を確認
事例3舗装面からCTMを実施し、既設床版と床版上面増厚との境界面における樹脂注入工の効果(床版一体化性状)の確認
* 写真で使用しているシステムは、旧型のもの(PCベース)になります。
CTM現場状況-1 CTM現場状況-2 CTM現場状況-3 CTM現場状況-4

仕様


 SITLoggerCTMLogger
データ収録サンプリング周波数50,000Hz300,000Hz
サンプリングデータ個数40964096
測定範囲
(伝播速度4000m/s想定)
約2~100m約15~1500mm(*)
計測モジュール動作電源DC5V
動作時間
(付属バッテリー使用)
約30時間
使用環境-20℃ ~ 85℃
重量62g
データ転送Bluetooth通信
使用可能端末Nexus7 2013(Android4.3)動作確認済
収納ケースサイズ363 * 263 * 50 (mm)
同梱品タブレット(Nexus7 2013)
計測モジュール
加速度センサー(2種類)
ハンマー(2種類)
プラスチックゴム
モバイルバッテリー
USBケーブル
ACアダプタ
* センサーの応答周波数は、メーカー保証値で30,000Hz(測定範囲100mm以上)ですが、実際には30,000Hz以上の周波数範囲にも応答しているため、15mmからの測定が可能です。