デジタル画像による構造物のモニタリング

 道路構造物の老朽化が進行する一方で、点検を必要とする構造物が増加しています。しかし、限られた保全予算内で点検を円滑かつ正確に行うためには、既存の点検方法を改善することが必要になります。
 そこで、各構造物の高精細画像を撮影し、以前の画像と今回の画像を分析・比較し、劣化進行状況を解析する『デジタル画像による構造物のモニタリング』をNEXCO西日本グループと共同で開発しています。
 高精細画像を残すことは、人による再解析が可能となります。画像以外のデータでは、限られた情報のみしか残らないため、画像を残すことがモニタリングとして重要であると考え、記録画像を活用した点検手法の開発を行っています。また、撮影した画像に対してひび割れ自動検出を行うことで、点検費用の軽減や判定結果の統一性を確保することができます。