アンカーボルト引抜強度確認システム(BoltChecker)

BoltCheckerは、アンカーボルトの引抜強度(最大20kN)を非破壊で確認できるシステムで、表示器(Android端末)と専用センサーにより構成されています。
 本システムでは、専用センサーをアンカーボルトに設置し、専用ラムチェアを介して軸力を導入することで、アンカー引抜強度(最大20kN)を精度良く計測できます(測定誤差±0.5kN)。
 なお、本計測機器は、アンカーボルト周辺に付属物(金具など)が存在する場合でも、引張ることが可能です。

M16、M20のアンカーに対応

専用センサーは、独自開発した二段階アタッチメント構造を採用することで、部品交換を行うことなくM16とM20のアンカーボルトに設置することができます。

引抜強度を音でお知らせ

任意に設定した閾値を超過した場合、ブザー音がなるので、表示器を見ていなくても引抜強度を把握することが可能です。 閾値は二段階に設定可能であり、それぞれブザー音の種類が異なります。
※閾値の設定は、Androidアプリケーションで行います。

効率的なデータ記録が可能

計測結果を効率的に記録できる専用のAndroidアプリケーションが付属します。なお、計測結果はCSVファイルに出力することができます。
※現場状況に合わせた管理システムも別途カスタマイズ可能です。

カスタマイズ例

仕様


測定方法ネジ締め式
荷重検出方法ひずみ変換方法
最大荷重30kN
最小表示0.1kN
適用アンカーボルトM16、M20(工具レス切り替え可)
標準誤差±0.5kN以内
測定可能傾斜角5度
電源単3アルカリ乾電池 4本(エボルタ推奨)
システム内容計測ロッド、反力架台、計測部