技術開発

常に人よりも一歩先を走る。
日ごろの研究開発に裏付けられた自信と責任感のなせる技。
新技術の開発もその一つです。

超高精細画像を用いたコンクリート構造物点検システム(AutoCIMA)
足場や点検車などを使用せず、地上から高精細画像を撮影することで、安全かつ効率的に点検作業ができます。また、近接目視点検と同程度の精度(ひび割れ幅0.2mm以上)でひび割れ等の損傷を自動で検出することができます。
鋼材の腐食速度計測
実橋の腐食工事で実施された遮蔽型マクロセル腐食対策工の長期的な効果を確認するため、コンクリート埋め込み型の小型センサーをもちいたモニタリング計測を実施することで鋼材腐食速度を算出して、コンクリート構造物の健全性評価を行います。
金属溶射
「金属溶射」は、母材金属(鋼材)を高温で溶融した溶射金属でコーティングして皮膜を形成するもので、母材金属を厳しい腐食環境から遮断すると共に、皮膜の犠牲陽極作用によって長寿命化させることができる有効な防食工法です。近年、金属溶射の技術は大きく向上しており、これを橋梁の腐食対策に適用することで、維持管理費の削減と社会資本の長寿命化に寄与できるものと考えています。
デジタル画像による構造物のモニタリング
高精細なデジタル画像を迅速かつ安全に記録することで、予防保全の考えに基づく構造物管理の効率化および安全性の向上をサポートすべく、路面・橋梁・トンネル覆工等のひび割れ性状を客観的に評価できる手法を開発しています。
路面形状計測・評価システム(IRI)
高速道路の維持管理において重要な要因となる舗装路面の平坦性の評価指標の一つである、国際ラフネス指数(IRI)を効率的かつ適切に計測できるシステムを開発しました。
衝撃弾性波を用いた非破壊検査システム(CTM・SIT)
衝撃弾性波により構造物の品質管理を行うため、汎用機器を用いて測定することが可能なプログラムを構築し、より廉価で汎用性の高いシステムを開発しました。
BWIM(Bridge Weigh in Motion)
支点反力法により車両進入側と退出側の支点ひずみピークの発生時刻差から車両走行速度を算出し、ひずみピークの大きさや発生パターンを解析することで、軸重の大きさや車種判定などを行います。